ユニヴァーサルバレエ協会

主にバレエ萌えが絡んだ創作物を記載しています

パ・ド・ドゥ

【掌のバレエ萌え小説】わたしと彼のBallet'x(バレエックス)2

クラシックダンスは躰の各部に負担がかかることで──本来慎重に取り扱わなければなりませんが 基礎的な鍛錬をきちんと積めばある程度は自分の躰の「もともとの動き」として制御できるようになります 言い換えるならば自分の躰のつくりそのものを踊りのために…

【掌のバレエ萌え小説】わたしと彼のBallet'x(バレエックス)01

バレエックス(わたし個人の造語です)はバレエの美術的・肉体的表現をとりいれた──そういった方面の行為ですが着ているものが汚れないように薬局などで買える衛生用のあれやこれやを工夫して使っていますしお互いの器官が直に接触する機会を排除しているの…

グラン・アダージォ

両想いのパ・ド・ドゥ

学生服のパ・ド・ドゥ

インターセクション

[バレエ]

ふぁきあとプリンセスチュチュで白鳥の湖のグラン・アダージォ

小さなひみつの踊り

橋の上のパ・ド・ドゥ

黒サングラスのパ・ド・ドゥ

ラビアンローズとミナタクのパ・ド・ドゥ

みゅうととプリンセスクレールのグラン・アダージォ

ふたりで視た原風景

Deep in pas de deux

幼稚園児のパ・ド・ドゥ

帽子をかぶった少女のパ・ド・ドゥ

陶然たる抱擁

白鳥のエヴァンゲリオン

しがみつきまとうまとい

さくらと小狼のパ・ド・ドゥ

月下の桃香と桃花

借金執事と天才メイドのパ・ド・ドゥ

チュチュとみゅうとのパ・ド・ドゥ