読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユニヴァーサルバレエ協会

主にバレエ萌えが絡んだ創作物を記載しています

異端バレエマンガ「おっぱい王子」24

f:id:usuiou:20160811162618j:plain

f:id:usuiou:20160811162714j:plain

異端バレエマンガ「おっぱい王子」23

f:id:usuiou:20160811162239j:plain

f:id:usuiou:20160811162326j:plain

異端バレエマンガ「おっぱい王子」22

f:id:usuiou:20160811161906j:plain

f:id:usuiou:20160811161952j:plain

f:id:usuiou:20160811162041j:plain

ひみつのパ・ド・トロワ

※警告! [続きを読む]を押すとR18.1な絵に遭遇します

 

 従妹のアサミとキスしながらオナニーしているヒサシの手の動きが速くなってきた。だいぶ気分が高ぶってきたんだろう。

 後ろからアサミのあそこを突いているぼくも腰の動きが速くなってきている。たまらない気持よさがおちんちんの先から伝わってくる。

 アサミは春休みの発表会で着たピンクのチュチュを着ている。やっぱり本番の衣装ですると興奮する。ヒサシとぼくは発表会で代わりばんこにアサミとパ・ド・ドゥを踊っているので、王子様の衣装は何着もある。

 ぼくが王子様の恰好をするのも興奮するけど、ぼくとそっくりのヒサシが王子様の恰好をしているのを見るのもすごく興奮する。そしてその王子様のヒサシがお姫様のアサミと踊ったりエッチなことをしているのを見るのも……。

「マサシくん、もっと強くこすって?」

 すこし動きが緩くなっていたかもしれない。ぼくは腰を前後に振るようにしてアサミの股間に責め立てる。

 ヒサシが小さい声で言う。

「お兄ちゃん、ぼく、そろそろ……」

「分かってる」

 ぼくもかなり気持よくなってきていた。もうすぐクライマックスが来る。

 アサミが荒い息の合間に泣いているような声を洩らし始め、ぼくらはますます興奮してくる。今日もきっと三人一緒に昇りつめることができるだろう。

続きを読む

あなたの太ももです(擦)る

※警告:続きを読むを押すとR17.9な絵に遭遇します

 

ごめんね ごめんね
でもこれがいちばんいいの
ふかくつながる気がするの
わたしが……終わったら
こんどはあなたが
いちばんいいやりかたで……して

続きを読む

白鳥姫オデットの悲劇

※警告:続きを読むを押すとR-17.9な絵に遭遇します

 

 あらすじ:少女オデットはいつまでも若く美しいその姿を保ちたいと願ったために悪魔に呪いをかけられ昼は白鳥夜は人間の姿をとるという此の世と彼の世の境に生きる怪物となってしまいました/その呪いを解くにはオデットが心の底から満たされるような交わりを童貞の若者と為さねばなりませんでした/やがてオデットはジークフリード王子と巡り会いました/最高の男性との出会いを得たオデットは初心な王子を誘惑した末に深い交わりを為して想いを遂げたのですが王子の愛を信じられず呪いは結局解けなかったのでした/そんなわけで今日もまたオデットは此の世と彼の世の境界で決して満たされぬ交わりをどこかの誰かと為しているのでありました

続きを読む

異端バレエマンガ「おっぱい王子」21

f:id:usuiou:20160322120750j:plain

f:id:usuiou:20160322120821j:plain